2013.5.30.
石立 喬

Visual Studio Express 2012 の易しい使い方(1)

――― コンソールアプリケーション の場合 ―――

 Microsoft社から、「Visual Studio Express 2012 for Windows Desktop」が入手できるようになっている。ダウンロード元は、容易に検索できるので、ここでは省略する。 「Visual Studio Express 2012」には、この他に、「for Windows8」や「for Windows Phone」がある。「for Windows8」は、Windowsストアアプリ専用である。従来の、「Visual C++ Express」はなくなり、「Visual Studio Express」の一部の機能として「C++」がある。
 ここでは、「Visual Studio Express」を、簡単なC言語またはC++言語の学習用として使用する方法を説明し、次いで、.NET Frameworkを使用する最も簡単な方法を述べる。GUI環境の利用できる、いわゆるWindows プログラムではなく、入力はキーボードから行い、出力も「コマンドプロンプト」ウインドウ内に表示される。プリンタへの出力や、グラフィック表示はできない。
 従来の「Visual C++ 2010 Express」などの解説で説明した類似の内容は省略してあるので、分かり難い点があれば、そちらを参照されたい。、

プロジェクトの新規作成(.NET Frameworkを使用しないWin32形式の場合)
1)「Visual Studio Express 2012(以後、「Visual Studio」と略す)を起動する(デスクトップからアイコンをダブル・クリックするなどして)。
2)図1に示す「Visual Studio」の「スタート ページ」ウインドウが開く。実際に使用してプロジェクトを作成すると、左の「最近使用したファイル」欄にプロジェクト名が表示されるが、ここでは未使用の初期の状態を示す。


図1 起動すると最初に開く「スタート ページ」ウインドウの一部


3)スタート画面左側中央付近の「新しいプロジェクト」をクリックする。
4)図2に示す「新しいプロジェクト」ウインドウが開くので、左の欄の「Visual C++」を選択する。デフォルトでは、「Win32コンソールアプリケーション」が右側に選択されている。下の方に、「名前」、「場所」、「ソリューション名」が自動的に表示されるので、これで良ければ(必要に応じて変更できる)、右下の「OK」をクリックする。「ソリューションのディレクトリを作成」のチェックはそのままにしておく。


図2 最初に開く「新しいプロジェクト」ウインドウ


5)すると、図3で示す「Win32 アプリケーションウイザード」が現れるので、さらに「次へ」をクリックする。


図3 「Win32アプリケーションウイザード」ウインドウ


6)図4に示すようなウインドウが開くので、「アプリケーションの種類」が「コンソール アプリケーション」になっていることを確認して、「完了」をクリックする。


図4 次に現れる「Win32 アプリケーション ウイザード」ウインドウ


7) 「Visual Studio」の開発環境ウインドウが開く。 図5は、その一部を示したもので、「コードエディタ」部には、スケルトンのプログラムができている。


図5 開いた「Visual Studio」のコードエディタ部


 右側の「ソリューション エクスプローラ」部には、図6に示す「ソリューション’ConsoleApplication1’」ができており、「ソース ファイル」、「ヘッダー ファイル」などのフォルダと各ファイルができている。


図6 開いた「Visual Studio」のソリューションエクスプローラ部


コードエディタに行番号を付ける方法

1)メニューから「ツール」→「オプション」を選択する。
2)図7のような「オプション」ウインドウが開くので、「テキスト エディタ」→「C/C++」と選択し、右の「表示」欄の「行番号」にチェックをつけて、「OK」をクリックする。


図7 行番号設定のための「オプション」ウインドウの一部


プログラムの作成

 「コードエディタ」部で、「int _tmain」の中の「 { 」と 「return 0;」 の間にプログラム(ソースコード)を記述する。
 図8は、二個の整数を入力させ、加減乗除の結果を出力するプログラムを例として示している。「IntelliSense」(自動補完システム)が働くので、希望する入力候補を選択し、ダブルクリックすると入力できる。関数(メソッド)の場合は、引数の形式も表示されるので、間違いが少ない。


図8 Win32コンソール アプリケーションのプログラムの一例


プログラムのビルド
1)メニューから、「ビルド」→「ソリューションのビルド」を選択する。
2)画面の下部の「出力」ウインドウにエラーや警告が表示される。警告は、無視することができるが、エラーがある場合には、プログラムを実行させることができない。図9は、ConsoleApplication1が正常にビルドされたことを示す例である。


図9 エラー無くビルドできたことを示す「出力」ウインドウの一例


プログラムの実行
1)メニューから「デバッグ」→「デバッグなしで開始」を選択する。
2)プログラムが実行される。図10は、プログラム実行時の画面で、「コマンドプロンプト」ウインドウが開き、プログラムの実行結果が示されている。


図10 Win32コンソール アプリケーションのプログラムの実行結果


プログラムの保存

 「ソリューションのビルド」を行うと、自動的にプログラムが格納される。

既作成のプロジェクト(プログラム)を呼び出し、必要に応じて再編集し、実行させる
◎一般的な場合(ConsoleApplication1プロジェクトを開く例で示す)
1)「スタート ページ」の左側の「プロジェクトを開く」をクリックする
2)「プロジェクトを開く」ウインドウが開くので、「ConsoleApplication1」フォルダをダブルクリックして展開する。
3)一番下にある「ConsoleApplication1」(拡張子は.sln、solutionの意)をダブルクリックする。
◎最近作成したプロジェクトの場合
「スタートページ」の「最近使用したプロジェクト」から、希望するプロジェクトをダブルクリックする。



プロジェクトの新規作成(.NET Frameworkを使用するCLR形式の場合)

1)「Visual Studio」を起動する(デスクトップからアイコンをダブル・クリックするなどして)。
2)「Visual Studio」の「スタート ページ」ウインドウの左側にある「新しいプロジェクト」をクリックする。
3)図11に示す「新しいプロジェクト」ウインドウが開くので、左の欄の「Visual C++」の下の「CLR」を選択する(CLRは、Common Language Runtime の略で、.NET Frameworkを使用するには、これを用いる)。
4)右欄で「CLR コンソール アプリケーション」を選択し、「OK」をクリックする。


図11 「新しいプロジェクト」ウインドウで、「CLRコンソール アプリケーション」を設定


5) 「Visual Studio」の開発環境ウインドウが開く。 図12は、「コードエディタ」部にデフォルトで用意されているコード内容を示したもので、「Hello World」を表示するサンプルプログラムになっている。図13は、その時の「ソリューションエクスプローラ」を示す。


図12 CLRコンソール アプリケーションで、最初に出来ているサンプルプログラム



図13 最初の状態のソリューションエクスプローラ


プログラムの作成
 「コードエディタ」部で、「int main()」の中の「 { 」と 「return 0;」 の間にプログラム(ソースコード)を記述する。
 図14は、図8に示したものと類似の動作をするプログラムの例である。



図14 CLRコンソール アプリケーション( .NET Frameworkを使用)のプログラムの一例


プログラムのビルドと実行

 Win32形式で説明した方法と特に変わりはない。図15は実行結果である。


図15 CLRコンソール アプリケーションのプログラムの実行結果