2015.11.19.
石立 喬

Visual Studio Community 2015の使い方(1)

――― Visual C++ 2015をインストールして、Win32コンソールアプリケーションを作成する ―――

 Visual Studio Community 2015が正式公開されてから約4か月が経った。そこで、これを、簡単なC++言語の学習用として、コンソールアプリケーションの作成に使用する方法を説明する。GUI環境を利用できるWindowsアプリケーションではなく、入力はキーボードから行い、出力も「コマンドプロンプト」ウインドウ内に表示される。プリンタへの出力や、グラフィック表示はできない。
 簡単なコンソールアプリケーションは、すでに、旧バージョンのVisual C++で説明してあり、Visual Studio Community 2015でも、大きな変わりはない。

Visual Studio Community 2015におけるVisual C++
 多くの開発言語に対応している、非常に高機能なIDE(Integrated Development Environment、統合開発環境)であるが、Visual Studio Community 2015に備わっているテンプレートを見れば、大体の狙いが見えてくる。Visual C#は最も多くのアプリケーションに対応しており、Windows、Web、Cloudなど(以上はVisual Basicでも可能)に加えて、Visual C#のみのAndroid、iOSなどがある。
 一方、Visual C++は、WindowsとWinコンソールが中心で、やや寂しい。
 Windowsアプリケーションに関してさらに詳しく見て行くと、比較的利用やすいWindowsフォームはVisual C#とVisulal Basicのみに限られている。しかし、最近のアプリケーションの動向であるWindows8アプリケーションについては、Visual C++でもVisual C#に劣らぬ豊富なテンプレートが用意されている。
 結局、Visual C++は、入門者向けには敷居が高くなってしまったが、まだまだ健在と言える。

Visual Studio Community 2015へのVisual C++ 2015のインストール
 ここでは、Visual Studio Community 2015がすでにダウンロードされ、インストールされているものとして説明する。Visual Studio Communityを通常の方法でインストールすると、そのままではVisual C++はインストールされていないので、後からこれを追加してインストールする必要があり、まず、その方法を紹介する。
 1)「スタートページ」で、左方にある「開始」の下の「新しいプロジェクト」をクリックする(図1参照)。


図1 「スタートページ」の左に、「新しいプロジェクト」がある


 2)「新しいプロジェクト」ウィンドウが開くので、左欄で「テンプレート」の下の「Visual C++」を選択し、右欄で「Visual C++ 2015 Tools ・・・」を選択して、「OK」をクリックする(図2参照)。


図2 「新しいプロジェクト」ウィンドウで、選択を終えたところ


 3)「見つからない機能のインストール」ウィンドウが開くので、「インストール」をクリックする(図3参照)。


図3 「見つからない機能のインストール」ウィンドウで確認する


 4)少し時間がかかってインストールが完了すると、再起動が要求され、これでVisual C++ 2015が使用可能になる。

コンソールアプリケーションを重視する理由
 Visual Studio Community 2015では、Visual Basic、C#、C++等の多言語を使用できる。それぞれの言語に役割を分担させており、C++では、Win32コンソールアプリケーションの開発に重点を置いているようにみられる。Visual Studio 2015は、ISO C++11のサポートが強化され、C++14も一部が対応するようになっているので、最新のC++プログラミングの学習に、コンソールアプリケーションをもっと積極的に利用したい。

Win32コンソールアプリケーション(.NET Frameworkを使用しない)の始め方
1) Visual Studio Community 2015を起動する(デスクトップからアイコンをダブル・クリックするなどして)。
2) 「スタート ページ」ウィンドウが開くので、「新しいプロジェクト」をクリックする。
3) 図4に示す「新しいプロジェクト」ウィンドウが開くので、左の欄の「Visual C++」を選択し(「Visual C++」の下の「Win32」でも良い)、右側の欄で「Win32コンソールアプリケーション」を選択する。
4)下の方に、「名前」、「場所」、「ソリューション名」が自動的に表示されるので、これで良ければ(必要に応じて変更できる。「ソリューション名」は、「名前」と同じものが自動的に入る。)、「ソリューションのディレクトリを作成」のチェックはそのままにして、右下の「OK」をクリックする。


図4 「新しいプロジェクト」ウィンドウを開いたところ


5)「Win32アプリケーションウイザード」が開くので、「現在のプロジェクト設定」が「コンソール アプリケーション」になっていることを確認して、「完了」をクリックする。
6) Visual Studio Community 2015の開発環境ウィンドウが開く。 図5は、その一部を示したもので、コードエディタ部には、スケルトン(空)のプログラムができている。ここでは、すでに行番号が表示されているが、後述の方法で表示させたものである。


図5 コードエディタ部にできたスケルトンのプログラム


コードエディタに行番号を付ける方法
1)メニューから「ツール」→「オプション」を選択する。
2)図6のような「オプション」ウィンドウが開くので、左欄で「テキスト エディター」→「C/C++」と選択し、右の「設定」欄の「行番号」にチェックをつけて、「OK」をクリックする。


図6 行番号設定のための「オプション」ウインドウ


プログラムの作成
 コードエディタ部で、「int main()」の中の「 { 」と 「return 0;」 の間にプログラム(ソースコード)を記述する。
 図7は、任意の個数の整数を入力させ、その最大値、最小値、平均値を出力するプログラムである。比較的新しい機能であるvectorと、イテレータを用いたforループを取り入れて作成してある(これらの解説は、「Visual Studio Express 2013の新しい使い方(1)」を参照されたい)。
 プログラムの主要部は、下記から成っている。
 1)do〜whileループの中で、以下を繰り返す。
    ・整数の入力を促し、入力結果をnに入れる。
    ・nが0でなかったら、それを、ベクトルdataに入れる。
    ・nが0であったら、ループを抜け出す。
 2)dataの数が0であれば、「データ入力がありません。」を出力する。
 3)dataの数が0でなければ、以下を繰り返す。
    ・イテレータ指定のアドレスの内容*itをsumに足し込む。
    ・*itがmaxより大であれば、それを新しいmaxとする。
    ・*itがminより小であれば、それを新しいminとする。
 4)最大値max、最小値minおよび平均値(sumをdataの数で割ったもの)を出力する。


図7 新しい手法を積極的に使用したプログラム


プログラムの実行結果
 プログラムをビルドするには、メニューから「ビルド」→「ソリューションのビルド」を選び、下方の「出力」欄に「ビルド:1正常終了」と表示されていることを確認する。プログラムの実行には、メニューから、「デバッグ」→「デバッグなしで開始」を選択する。図8は、上述したプログラムを実行した結果である。


図8 実行結果




「Visual C++の勉強部屋」(目次)へ